2013年06月29日

せっせと

ツール・ド・美ヶ原に向けて飾りつけ

選手たちは移動やコンディショニングで大変だろうが、観戦する方はのんきなものでこんな感じ。応援ボードとか横断幕とか持ってきて下さいね。

20130629.jpg
posted by 店主 at 08:06| Comment(0) | お店

2013年06月28日

〔ツール・ド・美ヶ原 応援観戦〕

6月30日 7:00〜 ピラータ前

「ツール・ド・美ヶ原」を応援観戦しましょう!
約20kmにわたるコースで、自転車や徒歩で登らないと観戦しずらいコースなのですが、ピラータ前は駐車スペースや公衆トイレもあり楽に観戦できます。上り坂区間ではないので、選手たちが苦しい時に応援できないのはちょっとマイナスポイントですが、沿道の応援は励みになるものなので一緒に応援しませんか?

朝7:00から車両通行止めになりますので、その時間までにお店まで来ることをお勧めします。遅れてしまった場合は、美ヶ原温泉から美鈴湖へと通じる道(6kmくらい)を通って、途中の駐車スペースに車を止めて5分くらい歩けばお店に着けます。

応援ボードを飾り付ける方は今日からできます、
コスプレ大歓迎ですのでよろしく。


posted by 店主 at 09:42| Comment(0) | 自転車

2013年06月15日

〔Live at Pirata〕

6月16日(日) 19:00 start ライブチャージ 1000円
やなぎ(岩手)52歳 ギター弾き語り

〔Live at Pirata〕も回数を重ねましたが、ライブチャージ1000円というのが定着してきました。ミュージシャンが値段を決められるシステムでやっていますが、だいたい、「xxxx円でお願いできますか?」「いいですよ」って感じで3秒くらいで決まってしまうことが殆どで、それがなんとなく1000円になってきました。

この1000円が高いか安いかなんてことは不毛な話なんですが、ブッキングする側は、3秒で決まることであろうとポリシーを持っていなければいけません。ウチの場合、ツアーはチャージあり、ローカルはチャージなしってのが基本です。外に出て演奏すれば、それなりの扱いと値段を付けてくれるのだから、地元ではノーチャージでいいでしょう、というツアーミュージシャンびいきのポリシーです。これは正解でも正義でもないただの店のブッキングポリシーです。ツアーミュージシャンを支援したい理由はいくつかありますが、それは書くほどの事ではないです。なぜならそれが彼らの口から出ることは殆ど無いからです。

で、不毛な話に戻りますけど、店主は最近ライブを聴きに行くことがありませんが、少し前までは1000円くらいのライブに月に1本くらいは行っていました。殆どが、知らない人、初めて聴く人、名前だけは知っている人といったライブにいくのですが、聴き終わった後、高いか安いか考えたことはなかったなぁ。自分が客だという意識が薄かったのかもしれません。

以上の不毛な話、やなぎさんとは関係ありません、是非ご来場を。
 
posted by 店主 at 00:02| Comment(0) | お店

2013年06月11日

旅の風

昨晩の、やもと問唔(福岡)、児玉知道(山形)のライブにお越しいただいた皆様有難うございました。巡演も33ヶ所目ともなると、今までまわった街や店の雰囲気を運んできてくれて、いい香りがします。
「また来ます!」って握手して別れる時に、本当にまた来る奴はわかるものです。あと一週間程でツアー終了ですがお気をつけて。
 
posted by 店主 at 17:28| Comment(0) | お店

2013年06月08日

〔Live at Pirata〕

6月10日(月) 20:00 start ライブチャージ 1000円
 やもと問唔(福岡)、児玉知道(山形) 20:00 start ライブチャージ 1000円
「千里の道を問う一歩」と題して、2人で4/30〜6/16日の間、東北地方を中心に30数本のライブツアーを展開中。その道中、カフェ ピラータ での演奏です。

やもと問唔 41歳 
1991年8月博多起演。「ギターは声のコーラス、声はギターのもう一本の弦」のイメージを抱く。オリジナル曲のギター弾き語りを主として、現在も博多に拠点を置きながら全国巡演展開中。

児玉知道 32歳
生まれも育ちも山形CITY、現在は博多在住のシンガーソングーライター。2011年1月、ギターだけを抱えて博多の街へ。数々のバイトに潜り込んでは歌い続けているアルバイトsinger。

平日の夜ですが、是非お越し下さい!

posted by 店主 at 19:07| Comment(0) | お店

2013年06月07日

なんか寒いぞ

夜冷え込んだので薪ストーブを焚いてしまった。

この時期に火を見てホッとする。
posted by 店主 at 23:25| Comment(0) | 日記