2014年09月29日

美鈴湖PEAKS

「THE PEAKS」にあやかって、「美鈴湖PEAKS」を実行したお客さんがいます。
 

 
  
距離 84.8km 獲得標高 2534m 平均斜度 6.5% だそうです。全線舗装路です。
ピラータに来るのにはこんなに沢山の道が有ります〜へき地じゃない〜

それにしても精神的にキツそうな企画ですね、お疲れ様でした。
posted by 店主 at 21:36| Comment(4) | 自転車

2014年09月22日

[クラシカルギターサークル ヴィエーニ]

9月26日(金)19:00くらい〜 夕食・お茶代 1000円お願いします。

月2くらいのペースで活動しています。
様子見参加でも歓迎です。
「先生」的な教える人はいません。
メンバーの自主性でギターを楽しむサークルです。
もちろん上手くなりたいという向上心はあります。

それでは、お待ちしております。
posted by 店主 at 22:40| Comment(0) | お店

2014年09月18日

〔Live at Pirata〕

miti(群馬) ギター弾き語り
 9月20日(土) 20:00 start 1000円 + オーダー

 彼の声がとても心地よいです。
 2011年の11月以来になるピラータでのライブです。

 食べながら、飲みながらお楽しみください。
posted by 店主 at 06:45| Comment(0) | お店

2014年09月13日

The PEAKS Round1 AS6

9月7日に開催された「The PEAKS」でピラータが最終のエイドステーションになりました。

このライドは、走行距離150km 獲得標高5000mのコースに約500名弱が参加、ピラータ前のエイドステーションに到着&出発のは270人くらいと聞いています。

ピラータでは、補給食(主催者提供)の調理と音響設備の設置で協力させていただきました。参加者の皆さんに喜んでもらえたかどうかはわかりませんが、ワイヤレスマイクを使っての参加者へのインタビュー 、即席バンドを組んでの演奏などでお店としては存分に楽しませてもらいました。

20140913_2.jpg
エイドステーションの風景、残り1本の登坂を残す最終のエイドステーションということと、回復した天候のおかげもあり、ゆっくりと休息をとる選手が多かったように思います。

20140913_1.jpg
レッドブルカーが颯爽と登場「飲むと羽が生えます」と飲料を配布。

20140913_3.jpg
選手の生の声が聞けるインタビューは楽しかったです(答えてくれた皆様有難うございました、不慣れですみませんでした)。写真はBSの自転車番組「チャリダー」の番組制作チームのライダーさんに店主がインタビューしている風景です。数週間前にスタッフがロケハンに来ていたのですが、肝心なポイントを自走していたのには感心しました、オンエアをお楽しみに。

20140913_4.jpg
全ての選手が出発した後、主催者側のボランティアスタッフの皆さんと記念撮影。とても活気があって明るい元気の良いチームで、こちらも大助かりでした。イベント事は裏方さんの結束力はとても重要です、笑顔で選手を迎えた皆さんお疲れ様でした。

最後に選手の皆さん、お疲れ様でした。「参加して楽しかった」と思っていただけていることを望んでいます。イベントでもプライベートでも機会があったらまたピラータに戻ってきてください。









posted by 店主 at 11:19| Comment(0) | お店

2014年09月06日

明日はPEAKS

明日のPEAKSの補給食の仕込みが今終わりました。
さすがに300人分はしんどかったです。

〔PEAKS 応援観戦〕
 9月7日(日) 選手通過予定12:00〜16:00くらい 雨天決行
 今回が初開催となる「PEAKS」
 http://www.longridefan.com/thepeaks/
 
 最終のエイドステーション AS6 がピラータ前です。
 参加予定 500名 AS6通過予定 300名です。
 「簡単に完走させないライド」と主催者が言い切っています。
 足切りくらった選手のバイクには”負け犬ステッカー”が貼られます
 (可愛かったです・・欲しい)
 選手達はピラータに来るまでに、走行距離120km/獲得標高4200m を走破しています。

 
 余興として即席バンド組みましたので演奏します。
 菅野 よう子を3曲やります、練習はしましたが、いいかげんです。
  カナちゃん ボーカル・琴
  岳ちゃん ボーカル・ドラム
  かおるちゃん ピアノ
  店主 ギター・ベース
 カナちゃんの強力なボーカルと、ドラムを始めて4日目の岳ちゃんに注目です。

 走行距離150km/獲得標高5000m にチャレンジする選手を応援しましょう。多くの方の観戦をお待ちしております。
posted by 店主 at 23:10| Comment(3) | 自転車