2013年01月25日

自ら感性を差し出した日

何か聞くと「ネットで調べればいいじゃん」という返事が返ってくる昨今。これだけはネットで調べずに何かのシンパシーとか神秘とか縁とかミラクルとかで再会したかったものを、ついにネットで調べてしまった。

昔1本のテレビドラマが、僕の中に強烈な印象を残し、脳の中の何かを覚醒させ、その余韻は今も残っている。にもかかわらず、タイトル、出演者、主人公の名前などの情報は忘れさられ、覚えているもの即ち検索ワードとして使えそうで特徴的なものは、「音叉・調律・プラスチラバ」その他「ドラマ・旅」など特徴的ではないワードも交えて検索した ---- そしていとも簡単に答えに行き着いてしまった、主演「中尾幸世」演出「佐々木昭一郎」タイトル「四季・ユートピアノ」。その後はこの3つのワードで次から次へと情報が出てくる。僕が30年以上巡らせてきた想いがモニタにさらけ出されていく姿に哀しさを感じた。それでも読んでしまう、片っ端から、30年の想いは30分で色あせたが、受けた印象は更に今後も続くだろう。

僕はギターのチューニングをする時に音叉を使う、チューナーが便利な今、そんなに当たり前のことではない。- 主人公Eikoは音叉を持って旅をする - 僕が音叉に愛着を感じるのはその影響に他ならない。

そういえば、このドラマには続編があったような・・・「プラスチラバ」はそちらの方のワードではないだろうか?そっちも同じ演出家?どこの国を旅するんだっけ?
「ネットで調べればいいじゃん」
知って嬉しかったけど知らないほうが美しかった日、知識は得たけれど感性をそがれたと感じた日、ネットは便利だどネットがなければいいと思った日。

posted by 店主 at 23:52| Comment(0) | 音楽

2011年12月11日

月食は見ました

昨晩はお客さんと”ライブ(音楽のね)の在り方”みたいな話をした。ひとにペラペラしゃべるようなことでもないのだけれど、この手の話になるとついつい熱くなってしまう。自分の店のことだから自分の好きにやればいいだけの話なんだけど、ひとのやり方にケチをつけるようなことも言ってしまう。グチっぽかったのでお客さんにとってはは迷惑な話だったかもしれない。人前で演奏するにあたって、この部分を省くと楽ができるということがある、「お金のために演奏する」これを省くと演奏する機会も多く持てて、気分的にも楽になることが多い。で、省いていいかっていうとそうゆうものでもない、マネージメントができるミュージシャンはブッキングしやすいし、なにより好感が持てる。「この店ってライブできるんですか?」ってたまに聞かれるんだけど、ライブやるのは聞いているあなたなんだから、最初から場所としてライブできるかどうか聞くのはちょっと的外れな感じです。場所ということならライブなんてどこでもできます。「この店で私が演奏するにはどうしたらいいですか?」とか「この店のステージで仕事してもいいですか?」とか聞いてもらえればまだ話は前に進める。

 
posted by 店主 at 23:07| Comment(0) | 音楽

2011年11月30日

貼るなら目立たない所にね

20121130.jpg
僕は、「Martin D-28」 というギターを使っています。俗に言う定番というやつで、際立った良い点も悪い点もなく、値段も高からず安からずのオーソドックスなギターです。楽器に個性を求めるミュージシャンはあまり使わないかもしれません。何箇所か改造したり、リペアしたりでオーナーズコンディションになってしまっています。今日ヘッドの裏を見たら意味不明の貼り物を発見、ギターには曲順だったり、MCのさわりだったり、決め事だったり(さすがに歌詞は貼りません)貼ってステージに上ったりしていたのですが、この文字列を見たときは1分くらい思い出せませんでした、そして気付いた、”調弦”でした。意味は、1弦をEの音で2弦を8音(半音で)下、同様に3弦を4音下・・・・といった具合です。試しにそのとおり調弦して、「シャラリラ〜ン」えっこんなんでやる曲あったっけ?今度は曲が思い出せませんでした。弦の張りがちょっと不安定ですがいい感じの調弦なので興味のある方はトライしてみてはいかが?

 
posted by 店主 at 21:34| Comment(0) | 音楽

2011年08月05日

前売り魂

『当日2500円 前売り2000円』
コンサートなどでよく表記されている料金案内です。
ピラータでも初の前売り料金有りライブ 
湯川トーベン 8月25日 19:00OPEN 20:00START 当日2500円 前売り2000円  
が行われます。

一般的に前売りのメリットは
 1.お金が先に入るので資金繰りが楽
 2.入場者数の把握がしやすい
 3.お客様にしてみれば当日行ってみて入れない(SOLD OUT)心配がない。
 4.客入りが心配のとき、前売りが売れていると精神的に安心する(当日ヤキモキしない)。

そしてピラータに当てはまるのは・・・
 >1 ご存知のとおり資金繰りうんぬんのレベルではないしょぼい店なので関係ない。
 >2 別に把握しててもしなくても同じように営業するので関係ない。
 >3 トーベンさんには悪いけど(ゴメン)満席になる心配をしていないので関係ない。
 >4 たしかにヤキモキするけど、ヤキモキさせる立場もやってきたのであまり関係ない。

ではなぜそもそも前売り料金をピラータのような店で付けるのか?うちのライブ料金の設定はミュージシャンに丸投げで、深く考えずに言い値で決定しています。ミュージシャンの方が深く考えているかどうかはわかりませんが、議論になったことはありません。ちなみに、一般の方はミュージシャンというものはギャラをもらって演奏していると思っているかもしれませんが、そうゆうケースは結構少ないです。もしギャラがあれば、チャージは店の都合で決めるのが当然です(仕入れが発生しているわけですから)。なので、"自分の値段は自分で決めてね"というマネージメント魂の原点に立ち返り、ピラータでは丸投げです。

というわけで、湯川トーベンさんの前売りは来店及び電話・メールで受け付けております。チケットは発行しておりませんので、信頼と信用で成り立つ前売りです。よろしくお願いします
裏技として、とってもそのミュージシャンを応援したい場合、わざと当日に来て、ミュージシャンの身入りをよくするという手もありますが、たいがいは空振りに終わります、なぜか?わかりますよね。ピラータのやり方の方がちょっと異質なのかもしれません。

posted by 店主 at 21:57| Comment(0) | 音楽

2011年07月19日

明日はライブです

20日(水) 19:00 OPEN ★ ダディ津田 &ちきぴー ライブ 7月20日(水)
  OPEN 19:00〜 START 20:00 ライブチャージ 1500円
九州福岡からのツアーです。音楽の流れるカフェピラータを体験してみては?

ダディ津田:数々の職を経験、1991年から1998年まで アメリカ在住。 帰国後も
ライブハウスの経営を繰り返し ながら自身も弾き語りを始める。 2004年9月に
交通事故に遭い、また周 りの諸事情をきっかけに歌稼業でやっ ていこうと一念
発起。 現在ツアーミュージシャンを生業としている。変わった職業29回、潰し
たお店23軒、 引越し40回、離婚2回 歌わせてもらえる所があれば、 全国どこへ
でもでかけて行く。  ダディ津田サイト
posted by 店主 at 19:55| Comment(0) | 音楽

2011年06月23日

ライブですよ

徳田建 with まじ アコースティックギター弾き語り
6月26日(日)OPEN 17:00 START 18:00 ライブチャージ1500円

建さんは兵庫から、まじさんは東京から、だったと思う。。。
今回のツアータイトルは「歌うオッサン平和の旅」だそうです。
平和を乱しながら歌っていた僕とは表面的には違いますが、根は似たようなものでしょう。

お誘い合わせ&合わさず、気が向きましたらお越し下さい。
posted by 店主 at 22:50| Comment(0) | 音楽

2011年04月30日

初めて聴いたヤマトさんとHANG

110429yamazakiyamato.JPG

29日のヤマザキヤマトさんのライブ、
HANGという楽器を3基持ち込んでのちょっと聴いたことのない音でした。
真夜中にも聴いてみたい音です。

次回のライブは、5月14日 河合良信、福澤歩 です。
若い(多分)2人の音楽を楽しんで下さい。
posted by 店主 at 21:27| Comment(0) | 音楽

2011年04月14日

ヤマザキヤマトさん

4月29日は当店でヤマザキヤマトさんのライブがあります。彼のうわさは方々で聞いていまして、頭の中では憧れのミュージシャンとなっていました。なぜか音を聞くのは今回が初めてです。昼間14:00スタートで、ライブチャージなしの投げ銭です。その頃は美鈴湖の桜は咲いているのでしょうか。是非お誘いあわせの上お越しいただき、楽しいひとときをお過ごし下さい。
posted by 店主 at 20:11| Comment(0) | 音楽

2011年03月03日

4月のライブ予定

大平俊郎 アコースティックギター弾き語り
2011年4月16日(土) 20:00〜 1000円
大平俊郎の音楽が誠実であるか不誠実であるかは、聴き手によって感じ方が分かれるであろう。が、氏の音楽が清潔か不潔であるかと問われれば、店主は「清潔である」と答えるであろう。

ヤマザキヤマト ジャンベ叩き語り
2011年4月29日(金・祝) 詳細後日
ヤマザキヤマトさんの名前はよく耳にしていた。いつかどこかで競演のブッキングが 入らないかなと憧れていたミュージシャンです。ジャンベの音が春のカフェピラータに咲き乱れる。

是非お越し下さい、カフェピラータの音楽的側面が見れるかも。

それと、お店のイベントではありませんが、店主のライブがあります。
2011年4月3日(日) 喫茶虫の音 共演:河合良信 ← 店主の将棋のライバルでもある
posted by 店主 at 20:30| Comment(0) | 音楽

2011年02月19日

Who is

ミュージシャンをブッキングする。お客さんに紹介する「誰それ?」と言われる。当たり前のことだ、ほとんどのミュージシャンはほとんどの人に名前を知られていない。僕もいろんな店で歌わせてもらったので、僕を買ってくれた数多くの店主もこうゆう気持ちを味わったのだろう。無力感というか脱力感というか頭にきてもぶつけどころがないジレンマだ。こうゆう気持ちには慣れてしまいそうな気がするが、そうなるのはやめよう。そうなったらミュージシャンに対して失礼になる、「いいよ、どうせあなたのことなんか誰も知らないんだから、気楽にやって」なんて言われてブッキングされて喜ぶミュージシャンは少ないでしょ。うちで演奏してもらうひとには期待していますから。-------今、やけ食いしながら戸川純のDVDを爆音で流してる「誰それ?」って言う人もいるよね--------
posted by 店主 at 23:46| Comment(2) | 音楽